【PTOTST転職】実は働く時間を少し減らしたけど年収は同じ

フリーランスに突入して、2年半が経過しました。
4月から2016年度に突入しているわけですが、フリーランスになったのが2013年9月なのでフリーランスになって新しい年度に突入するのは3年目ってことになりますね。今年度は、実は少しだけ仕事の量を減らしたのです。そのあたりのことを書いてみます。



(スポンサー広告)

こんな風に変わった

2015年度までの仕事の状況はこんな感じでした。

月曜日 午前:A訪問看護ステーション
    午後:B訪問看護ステーション

火曜日 1日:B訪問看護ステーション

水曜日 午前:養成校の講義
    午後:単発の仕事などバラバラ詰め込む

木曜日 1日:B訪問看護ステーション

金曜日 1日:C訪問看護ステーション

比較的フリーに動くことができていたのは、水曜日の午後だけなんですよね。

それが2016年の4月からはこんな感じになりました。

月曜日 1日 新しい職場 H訪問看護ステーション

火曜日 午前 養成校の講義
    午後 ちょっとだけ訪問かフリー

水曜日 隔週でA訪問看護ステーション
    隔週で午後バラバラ勤務

木曜日 1日 H訪問看護ステーション

金曜日 1日 C訪問看護ステーション

こんな感じになりました。丸1日勤務で働く日が、週4日だったのを週3日に減らしたんですよね。

水曜日は隔週で1日ステーション勤務という日があるのですが、隔週でフリーになります。そこには単発の仕事を組み込むのですが、昨年度よりはフリーが増える。

火曜日も午前中は養成校の講義ですが、それは年内で終了するので1月~3月はフリー。そうして、午後の時間は隔週で少し訪問が入りますが、隔週でフリー。

実働時間でいうと、昨年度よりはフリーの時間が増えます。1週間あたりでいうと半日の時間がフリーとして増えました。1週間で半日フリーって大きい。

じゃあ収入は減る?

いえいえ、年収ベースでみるとほとんど収入は減りません。

空き時間を増やしても、年収が減らないように新しい職場の給与をこちらの言い値でお願いしたからです。

年収ベースでほぼ昨年並み、しかもフリーの時間が増えました。

フリーランスの醍醐味ですね。

空いた時間を使って、また仕事を増やしつつ、noteサイトの稼ぎを増やすために執筆時間を確保します。

新しい仕事を獲得できれば、年収は増えます。

自分の時間を確保しながら、年収を増やす。フリーランスならではの働き方です。

バーンと常勤でいい年収で雇用してくれる職場が出てこなければ、このままフリーランスです。フリーランスでも年収は増やせるのです。


⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ