10月18日開催 オンライン・トークライブ「訪問看護とか通所事業で働いて考えていること」


訪問看護とか通所系事業所で非常勤掛け持ち勤務しながらいろいろ考えていることをお話します。

講義というよりは、ブログやnoteに書いていることについていろいろ思いつくまま話したいと思います。

こんな感じのことを話します

訪問看護ステーションや通所事業所の運用については、管理者さんの考え方がものすごく重要だなと思っています。

私は事業を経営する立場や管理する立場ではなく、非常勤掛け持ち作業療法士として多くの事業所で働いてきましたが、管理者さんの考え方次第で私の働き方も大きく変わってきます。

そんな管理者さんの考え方やリハビリテーションのことについてオンライン・トークライブで話したいと思います。

先日公開した2020年版noteのコラム
コラム29 訪問看護からのリハの回数のこと、どうやって決めてる?

のことについても話します。

  • 僕と管理者さんのとの関係性のこと
  • 訪問回数はどうやって決めているの?
  • 通所リハののリハマネ加算って個別対応時間が決まってるの?
  • ケアマネさんとの連携って?
  • 訪問看護での看護師さんとの連携のこと

オンライン・トークライブ

◆日時:2020年10月18日(日)
 午前8時開始(1時間くらいの予定)

Zoomの会議室には7時50分頃から入室できます。

◆参加について
オンライン・トークライブは2020年版note「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」購入者さんのみがご参加いただけます。

参加をご希望する方は2020年版noteをご購入の上ご参加ください。

2020年版noteの購入や参加アドレスなど詳細は以下をご覧ください
10月18日開催 オンライン・トークライブ「訪問看護とか通所事業で働いて考えていること」

講義・研修styleではなく、参加される方からの質問に回答するトーク形式で進めていきたいなって思います。

LINE公式アカウントのこと

Zoomを使った、オンライン講義、ライブやフリートークなどの開催は不定期です。直接案内が欲しい方は是非公式LINEアカウントに登録してください。LINEに直接お知らせが届きます。

◆公式LINEアカウント:https://lin.ee/9mcnTrv

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です