【オンライン講義】「2030年のリハ業界のこと」予測と対応


1月に開始した2020年版noteでは、2030年のリハ業界に関するコラムを3つほど掲載しました。

2020年版note掲載コンテンツ一覧

2030年のリハ業界がどうなるかなんて正直誰にもわからないことだけど、将来のことを予測しながら「今」何をすべきなのかってことを考えることは、メチャクチャ大事なこと。

そこで、このコラムに書いていることが中心のオンライン講義。

PC、スマホ、タブレットなどでご視聴いただけます。

こんな事を話します!

  • これから10年の間に起こる変化
  • 回復期リハの変化
  • 地域リハの変化
  • 訪問リハビリテーション
  • 5GとSNS
  • 制度やセラピストを取り巻く環境に左右されないために
  • 新しく始めるべきこと
  • 継続すべきこと
  • 回復期リハビリテーション病棟には収益の上限がある
  • 包括化されるリハビリテーション
  • 2020年・回復期リハ病棟で検討すべきこと
  • リハビリテーションの目的の明確化
  • 個別と集団と自主トレの組み合わせを考えたリハビリテーション
  • 目標の明確化に対して『今』の回復期リハですべきこと
  • 地域リハビリテーションのノウハウの吸収
  • 退院後の生活を想定したリハビリテーションの実践
  • 退院後のリハビリテーションをセットで提供する

フルバージョン動画は以下のnoteに掲載しています
https://note.com/yamada_ot/n/n960db06601c5

note

2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2018年版
https://note.com/yamada_ot/m/ma3fc5020f609



(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です