コンサルの話題の続き「隊長、 ボーダーレス、 やまだ魂 」

コンサルっていうよりは「背中を押す」ってことの方が自分のスタイルってことを書きましたが、もうちょっとその続きを書いてみます。いろんなところでいろんな人と出会うんですが、出会った先での関わり方によって、まあ、いろんな人からいろんな表現されるわな。

前回書いたのはこれ
【やまだstyle】コンサルティングよりも相談・面談って感じかな


(スポンサー広告)

印象は人によっていろいろ

豊中で働いてる女性セラピストからは、何故か「隊長」って言われる。メールとかメッセージとかで、僕の事を「隊長」って呼び掛けてくる。

後輩のセラピストからは、ボーダレスOTと表現してもらいました。

どこで出会うのか、そのときにどんな印象を持たれるのかによって、違ってくるんだろうね。

ブログで色々書いたり、noteで販売してみたり、いろいろやってるけど、書いたモノを読んだ人、講演で僕の話を聞いた人、まあ出会う人によっていろんな表現をされているようです。

ちょっと残念だったのは

「○○ に似てた」

と、ネットに書かれていたことかな。あまりに好みでない元芸能人ですな。

会って話すことが一番

一番のウリは

「会って話すこと」

顔見て、直接話を聞いて、その話題に沿った話を返す。

そんなことがしたいわけですよ。

それが、研修会で話すってことでも、勉強会でアドバイスするのでも、会うことが大事。

書くことは挑戦!

今年から始めたのは、書いて伝えること

会う人の数には限りがあるから、ネットを使って書いて伝える事を有料で初めてみた。

購入していただいた方からのメッセージに書いてあったのが

やまだ魂を広めます

っていう言葉。

書くことでも、イメージというものは伝わるんだなって気づいた瞬間でした。

書くことでも、伝えることはできるんだなってことですよね。

さあ、とりあえず今年1年間は昨年よりも書くことを増やしていきます。

どんなイメージを持ってもらえるか楽しみです。

お仕事とかの依頼はこちらからどうぞ
やまだ の時間を買ってみませんか? お仕事しまっせ!

ブログに続く新しい取り組みはこちら
やまだリハビリテーション研究所のnote
  
  


⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ