S事業所の半年間のサポート業務が終わりました。

「子供の訪問リハビリの相談に乗ってほしい。」

そんなご依頼から始まった、S訪問看護ステーションでのサポート業務。

実際に行っていたのは

  • 業務終了後の時間帯に2時間の研修の講師
  • 訪問ケースの同行訪問

半年契約で行っていました。
先日の研修で契約終了。

小児の訪問を実践している訪問看護ステーションは少数派。中でもセラピストが積極的に関わっているというのはさらに少ない。

だから、自分の積んだ経験を若手のスタッフに伝えることを中心に実践していました。

小児の経験のないセラピストにとっては学ぶべきことは多いと思う。だけど、訪問セラピストができることについては、ある程度実践できているスタッフが多かったように思えました。

むしろ自分たちが実践していることが、「適切かどうか?」ってことに疑問を持ちながら働いているセラピストが多かったように感じました。

そんな若手のセラピストたちの背中を押すことはできたと思いました。

半年での効果はこれから次第です。

サポート業務などについてご興味ある事業所などの方は「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。
⇒⇒お問い合わせページへ


⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ