【個人事業主OT】研修会企画を復活をしたらセミナー屋と批判されるか?

もの凄くやりたいことがあるわけではありません。非常勤掛け持ちスタイルを続けた結果の選択として個人事業主となりました。

誰かのサポートしたいとか、人集めてやがて会社作りたいとか、コンサルティングしたいとかって感じではありません。だから会社化したいとは思わない。

ただただひたすら伝えたいという想いはあります。

その結果としてセミナー屋と揶揄されても仕方ありません。

怪しいセミナーが批判されているようだ

  • 整体師勧誘とか
  • 前金払い方式の自費診療とか
  • リハ職の自己啓発系とか

FacebookとかTwitterとか見ているといろんな勧誘があふれています。

私は伝えたいという想いはあります。その結果として収入があれば理想的です。だけど、セミナー乱発してその収益で生活しようとは思っておりません。

乱発しても人集まらないですしね。

マイペース

自分のやりたいことをマイペースで続けていきます。

2018年に50歳です。

やりたいことできる環境にいるわけで、そのための非常勤掛け持ちなので、多少批判されたところで失うものは何もありませんので。

むしろ批判されるくらい注目されてみたいなと思う今日この頃です。



(スポンサー広告)

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です