非常勤掛け持ちOTの平成29年の年収が確定しました


個人事業主としての届けを出したのが、2018年1月。一応昨年までは非常勤掛け持ちOTでしたので、確定申告もサラッと源泉徴収票を合算するだけでした。

確定申告なので、年度ではなくて2017年1月~12月までの1年間での集計です。

講演会依頼は11カ所ほどさせていただきました。こういった1回だけでの講演でも源泉徴収票もしくは支払調書をいただきます。

週1勤務しているところなども含めると、2017年の収入に対して私の手元に送られてきた源泉徴収票は19枚でした。

年収です

19枚の源泉徴収票の合計金額です。

支給額ベースでの2017年の年収は650万円でした。

手取りは、580万くらいですね。

さらに、源泉徴収票などのないネット関連の収入が少しあります。それが50万円くらい。こっちは経費などを引くと収入としては減りますが、まあ収入には変わりない。

トータルすると700万円くらいですね。

2016年と比べるとプラス70万円です。

講演会関連の収入が増えましたね。

2018年に向けて

2017年末に週2日勤務していた非常勤が終了し、これを書いている4月時点で仕事の穴埋めは出来ていません。
そんな状態で2018年の1~3月を過ごしたので、2018年の年収は減るかな。

ネット関連の収益も含めて 600万くらいの年収は何と確保したいと考えています。

2018年からは個人事業主の届けを出しているので、源泉徴収票のない収入もきちんと計算します。

経費も計上する予定です。

計算ややこしいので、クラウド会計ソフトのfreeeを使っています。


新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です