訪問看護ステーションでのサポート研修「事例検討」をしてきました。

複数の訪問看護ステーションやサテライトを関西で運営されている事業所さんからの依頼で、小児領域の訪問リハビリテーションについて5回シリーズのサポート依頼を受けている。

1回目と2回目は5つの事業所をSkypeでつないで基本的な講義をした。
そうして、昨日からの3回目は各事業所にお邪魔して、実際に訪問で担当されているケースの事例検討会でした。

小児領域の訪問に取り組んでいるケースの事例検討してきました。

こんな感じ

訪問の現場を動画に撮影していただいて、それを基に

  • 情報収集の確認
  • 評価の確認
  • 治療プログラムの検討
  • 家族支援の検討

等を担当スタッフとディスカッション。

私が経験してきたケースの例などを話しながら、より具体的に訪問の現場で出来るアプローチについてお伝えさせていただきました。

残り2回もそれぞれの事業所での事例検討を行う予定です。

お仕事の依頼はこちら
⇒⇒仕事の依頼

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です