(リハビリ本)身体運動学―知覚・認知からのメッセージ

(学生向き)(新人・若手セラピスト向き)

人間発達学の講義を担当していた時に、理学療法科の1年生の学生にわかりやすく、身体認識やボディーイメージを伝えようと思って購入した本です。

半側空間無視において空間のとらえ方やボディーイメージの考え方なんかは非常にわかりやすくて、講義するときの参考になりました。

幅の狭い入口を通過するときには自然と体が横を向きますよね、でも幅が広い入り口ではまっすぐ進んで通り抜けようとします。その違いっていったいどこから来るのでしょうか?

リハビリでまっすぐ歩く練習だけしていても、生活では役に立たないことがあるのかもしれませんよ!

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です