【講演依頼のこと】悩まずにお気軽に連絡してくださいね!

いつも書いていますが、フリーで非常勤掛け持ちで働いている僕にとっては、「空いている日や時間がある」ってことは給料が少ないってこと。

むしろそこそこ忙しくないと、ハッキリ言って稼げない。

研修会のご依頼をいただいて、打ち合わせをしていると必ず

  • 「忙しくありませんか?」
  • 「日程調整可能ですか?」

とお気遣いいただきます。

だけどね、日程調整しないと時間作れないし、隙間時間がたくさんありすぎるって言うのは僕にとっては「暇」ってことだ。

やまだリハビリテーション研究所の作業療法士の やまだ

に思い切って研修依頼をしてくれた人は気づいているだろうと思いますが、講演依頼フォームからご連絡いただいた方に対しての僕の行動はものすごく早い。
たいていその日のうちに連絡を取っています。タイミング良く連絡が入れば1時間以内に返答していることもよくある。

僕にとって、講演依頼って言うのは立派なお仕事。

非常勤業務の合間にやっているって言うのではなくて、掛け持ちしている仕事の1つが講演っていうジャンルの仕事なだけです。

やまだstyleとかやまだリハビリテーション研究所のnoteに書いていることを日本のリハビリテーション専門職に知ってほしいと思って、日々ブログとかnoteとかを更新しています。

だから、僕にとって講演は大事なお仕事です。

もし、僕の仕事の量とか、会ったことないのに連絡するのは失礼かな?ってことを考慮して連絡をためらっている方がいらっしゃったら遠慮なく連絡してきてくださいね。

スケジュールはなるべく調整します。

条件面もなるべく調整します。

講演やお仕事の依頼は、連絡いただかないことには前に進みません。

すこしでもご検討中の方はお気軽にご連絡下さいね。

講演のご依頼の方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

若手セラピストの指導やアドバイザーのお仕事の依頼はこちら
⇒⇒仕事の依頼

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です