2017年度のスタートですね! やまだリハビリテーション研究所

今日が2017年3月31日なので、明日から新年度。

非常勤掛け持ち作業療法士も新年度に突入です。少しだけお仕事の中身も変わります。

2017年度のお仕事

1年間を通して働いている職場は3カ所かな。

月曜日と木曜日に行ってる阪南市の訪問看護ステーション&児童デイサービス。金曜日に行ってる大阪市内の訪問看護ステーション。月2回水曜日に行ってる豊中の訪問看護ステーション。この3カ所が年間通して働いている職場。

これ以外に年数回とか、養成校の講義のように決まった回数だけ行くお仕事があります。

池田の専門学校で「地域作業療法学」、貝塚の大学で2年生と3年生に「小児領域の作業療法学」を講義します。貝塚の大学は昨年度は3年生だけでしたが、4月からは2年生も教えることになります。

豊中の保健所と福祉系の高校のお仕事がそれぞれ年数回。

臨床での指導・教育

2017年度から新しい領域の仕事が始まります。

臨床の現場でリハビリテーション専門職を指導するお仕事。

現時点では、大阪市内の病院で月1回事例検討会で指導。関西で複数の訪問看護ステーションを運営している事業所での同行訪問と事例検討、こちらは半日くらいを年10回くらいになりそうかな。

この臨床での教育、指導業務は今後最も力を入れていきたい領域。

なんなら、僕の臨床の時間を減らしてでも教育を実施したいと考えています。

週末は講義したい

2017年度の講演はまだ3カ所くらいの予定しか入っていません。

週末なら時間を確保できます。まだまだ時間の余裕はありますので、お気軽に連絡してください。

お問い合わせ

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です