【リハビリ】スタッフ教育としての研修予算を効果的に使う

スタッフ一人につき年間10000円とか20000円までなら参加費を病院や事業所が負担するっていうような制度のあるところはけっこうある。だけどねその予算ってきちんと消化されてますか?スタッフは成長していってますか?
していなかったら僕に連絡してみませんか。

自己紹介

この二つのサイトは私が運営しているコラムサイトです。

定期的に更新しています。これらのコラムを読まれた方や、団体さんから年間数回研修依頼をいただいています。

そして、最近は研修会以外で定期的にスタッフ教育をしてほしいという事業所さんのご依頼で

2015年度は訪問看護ステーション1カ所

2017年度は病院1カ所と訪問看護ステーション1カ所でスタッフ育成の契約を結びました。

費用など

一時間15000くらいで半日四時間、60000円で現場スタッフの指導しますよ。

病院や訪問系の事業所の研修に関する予算っていうのは、スタッフ一人当たり年間1万円とか2万円なら補助を出すっていうstyleですよね。

そのスタイルでなかなか現場スタッフが伸びていない事業所もあれば、予算を消化していない事業所もきっとあるはず。

だからその予算を使って、スタッフ教育を外部に依頼してみませんか?

外部に依頼することのメリットもけっこうたくさんありますよ。

いかがですか?

いわゆるコンサルティングとは異なります。

臨床の現場での指導や、実際のケースの動画などを通じての事例検討、訪問系の事業所であれば同行訪問などによる、実際の臨床の現場での指導を中心に行いたいと考えています。

事業所の運営に関しての助言とかではなくて、現場で働いているスタッフへの教育です。

管理職も含めて、20代とか30代が中心の事業所に対して、指導メインで関わっていくことが出来ればいいなと考えています。

興味のある方はぜひご検討ください。

お仕事の依頼はこちら
⇒⇒お問い合わせ
 

ブログ読めばどんなスタイルで仕事をしているか理解いただけると思います。

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です