2016年5月研修会 2018年同時改定に向けてセラピストがすべきこと

2018年同時改定に向けてセラピストがすべきこと

参加受付は終了しました

  • 講師:山田 剛(やまだリハビリテーション研究所 所長・作業療法士)
  • 日時:平成28年5月14日(土) 18時半~20時半(受付開始 18時)
  • 場所:水無瀬病院 2階リハビリテーション室
  • 参加費:2000円

【おすすめポイント】
2015年の介護報酬の改定、2016年の診療報酬の改定の状況から2018年の診療報酬・介護報酬の同時改定に向けて病院のセラピストと地域のセラピストが何をすべきかってことをお話させていただきます。

  • 昨年の介護報酬改定・今年の診療報酬改定から予測する次の改定のこと
  • 病院と地域のセラピストの連携のこと
  • 回復期リハのセラピストがこれからすべきこと
  • 地域で生き残るために、老健・通所・訪問のセラピストがすべきこと
  • 先行者利益のこと

やまだリハビリテーション研究所の研究会らしく、堅苦しいお話ばかりではなく講師の本音トークたっぷりの内容となっています。
病院のセラピスト、地域のセラピストに関係なく「今何をしておくべきなのか」をしっかりとお伝えします。

チラシへのリンク研修会場の地図です

チラシへのリンクこの研修会の詳しい内容はここをクリック!(PDFがご覧いただけます)

研修会場の水無瀬病院さんは、会場提供のみにご協力いただいております。研修会についてのお問い合わせなどは下記へお願いします。水無瀬病院さんへのお問い合わせはご遠慮ください。

お問い合わせフォームはここをクリック

この研修会の参加受付は終了いたしました

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ