10年後(2025年)の作業療法士の専門性「10年後に向けて今すべきこと」

2015年7月に大阪府作業療法士会の設立30周年の記念事業開催されるシンポジウムで、お話しさせていただくことが決まりました。

 府民公開シンポジウム
「10年後(2025年)の作業療法士の専門性;10年後に向けて今すべきこと」

というテーマになっています。
シンポジストの依頼をいただいたのですが、その際に

10年後も現役で働いている人に依頼している

ってことを運営スタッフの方からお聞きしました。

そうですね、10年後には57歳になっているのですが、たぶんまだ働いているのでお引き受けさせていただきました。
私を含めて3名のシンポジストがお話しさせていただきますが、3名とも病院勤務ではない作業療法士という構成。このことがすでに現在と10年後の作業療法士業界を暗示しているような気がします。

自由な意見を言えるシンポジウムって好きなんですよね。フロアーとの意見交換もできるしね。
しかも、トータルで2時間半もシンポジウムの時間があります。

久々に吼えることができそうです。

このシンポジウムの詳細はこちらをご覧ください
 ⇒⇒研修会チラシ(PDFが開きます)

シンポジウムの詳細やお申し込みは大阪府作業療法士会のサイトをご覧ください
 ⇒⇒大阪府作業療法士会


⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ