2018年4月研修会 2018年トリプル改定から考える「2025年に向けて実践すべきリハビリテーション」


「2018年トリプル改定から考える2025年に向けて実践すべきリハビリテーション」

4月4日現在30名のお申し込みいただいております

研修会概要

  • 講師:山田 剛(やまだリハビリテーション研究所 所長・作業療法士)
  • 日時:平成30年4月28日(土)
    13時30分~16時30分
    (受付開始 13時)
  • 場所:エル・おおさか 6階大会議室
    (地下鉄谷町線天満橋駅 下車300メートル)
  • 参加費:3000円
  • 懇親会参加希望者は別途5000円程度徴収します。懇親会のお申し込みは締め切りました

※懇親会のお申し込みについては、お店予約の都合上4月14日に締め切りとさせていただきます。

研修会申し込みフォームへ

おすすめポイント

診療報酬・介護報酬の改定情報はしっかりと理解できていますか?
リハビリテーションに関する改訂の概要をお伝えします。

改定についてはさらっとお伝えします。
今回の改定で大事なのは、2025年に向けリハビリテーション専門職がどのような行動をとるのか、どのような考え方を持って日々の業務を行うのかということがものすごくクローズアップされています。

単なる数字だけこのことではなく、病院リハビリテーションで実践すべきこと、生活期領域のセラピストがすべきこと、病院と生活期のリハビリテーションが繋がるために必要なことについてお話します。

病院のリハビリテーションにおいては退院後の生活をしっかりと考えなければなりません。

生活期のリハビリにおいては多事業所との連携が必要です。

そのうえで、病院のリハビリ、生活期のリハビリどちらにおいても

  • 多様なリハビリテーションのあり方
  • リハビリテーション専門職が行うマネジメント
  • 触らないリハビリテーション

の実践が必要です。

今回のセミナーではそう言ったことをお伝えいたします。

レジメ読んで興味持ったけど、大阪から遠すぎて参加出来ない方はぜひ研修会企画してみてください。いきまっせ―――!!
⇒⇒講演依頼のこと

お申し込みなど

現時点で講演予定のレジメはこちら
2025年に向けて実践すべきリハビリテーション

研修会場の地図です

チラシへのリンク研修会案内チラシ(PDFがご覧いただけます)

申込みへのリンク研修会申し込みフォームへ

やまだリハビリテーション研究所の作業療法士 山田 の実績についてはこちら
過去の講演実績

研修会についてのお問い合わせなどは下記へお願いします。エル・おおさかへのお問い合わせはご遠慮ください。

お問い合わせはここをクリック

リハビリのこといろいろ書いているメインブログはこちら
http://labo-yamada.com/

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました


ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です