2015年10月研修会 訪問リハビリで実践しているADLへの関わり

訪問リハビリで実践しているADLへの関わり

講師:山田 剛(やまだリハビリテーション研究所 所長・作業療法士)

日時:平成27年10月17日(土) 15時~17時(受付開始 14時半)

場所:総合学習施設 イージーアカデミー
    (地下鉄谷町線千林大宮駅 下車すぐ)

参加費:2000円

【おすすめポイント】
病院でのシミュレーション的なADL指導とは異なり、訪問リハビリでは利用者さんが生活している実際の場所・場面でADLへの関わりをすることができるのが最大のメリット。だけど、病院から転職してきたセラピストや訪問の経験の浅いセラピストの方はADLへの関わりを気にしながら、ストレッチとか可動域訓練とか実践している人も多いのではないでしょうか?

  • 初回訪問で見るべきポイント
  • 住宅改修の基本的事柄
  • ポータブルトイレやベッド柵の配置のこと

訪問の現場で10年以上働いている講師が、現在実際にかかわっている利用者さんへのADLの関わりについてお話させていただきます。最初のオリエンテーションがADL指導をうまくするコツだと思っています。
しっかりと生活の場にかかわるアプローチができるようにするためのコツをお話しいたします。

研修会場の地図です

チラシへのリンクこの研修会の詳しい内容はここをクリック!(PDFがご覧いただけます)

申込みへのリンク申し込みはここをクリック

研修会場の総合学習施設 イージーアカデミーは会場提供にご協力いただいております。研修会についてのお問い合わせなどは下記へお願いします。イージーアカデミーへのお問い合わせはご遠慮ください。

お問い合わせフォームはここをクリック


⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ