2016神奈川研修会レポート

神奈川県横須賀市で研修会を主催しましたのでその報告です。

  • 10月15日(土) 午後2時~午後5時
  • 主催 やまだリハビリテーション研究所
  • テーマ 「2018年同時改定に向けてリハビリテーション専門職がすべきこと」
  • 会場  神奈川県立保健福祉大学
  • 参加人数  39名

神奈川県横須賀市にある老健さんからの依頼で、やまだリハビリテーション研究所の研修会を神奈川県横須賀市で開催しました。神奈川での開催にもかかわらず多くの方のご参加をいただきました。

講師目線レポート

今回の研修会は、私の講演と企画の提案をいただいた横須賀市にある老健・野比苑さんとのコラボ研修会でした。

野比苑さんから生活行為向上リハビリテーションリハビリテーションマネジメント加算2の実践報告をしていただきました。

そのこともあってか老健からの参加者が多く質問も多く出ました。

私的には、すでに多くのことを実践している野比苑のスタッフと実践していなさそうな研修会参加者の差は「大きいな」と感じました。

リハマネ加算、生活行為向上リハビリテーション実施加算、を算定することなくどのようにすればいいかって考えているリハビリテーション専門職。すでに実践して、その次の展開や現状での問題点を整理して解決策を模索しているリハビリテーション専門職。この差はしばらく埋まらないでしょうね。

急きょ専門学校時代の同期が千葉県から参加してくれました。久しぶりに会えて楽しかったです

研修会で配布した資料はこんな感じです。
⇒ 神奈川研修会 配布資料

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

サイトの更新情報はFacebookで配信しています。研究所のFacebookページへの「いいね!」をお願いします。


コメントを残す

このページの先頭へ